ヒカルの碁名所めぐり

□ 海外 □

深圳棋院

 中国リーグ出場の翌日、深圳チーム所属の韓国人棋士で旧知の徐彰元と塔矢行洋が“のんびり会話”する場所として登場。検索すると違う住所の情報もヒットするので、もしかしたら移転している可能性もあり。吉川、深圳に行って確認してきてくれ!(by 週刊碁編集長)

所在地: 中華人民共和国広東省深圳市罗湖区嘉宾路太平洋商厦A座5,6楼
深圳棋院
掲載局: 第171局 存在の証
掲載頁: JC ヒカルの碁第21巻P.110-114, 116-121


■Googleマップ「ヒカ碁スポット」

より大きな地図で ヒカ碁スポット を表示
こんな手が!(笑)と思ったらパチっと( ゜▽゜)ノ゜○● → web拍手 by FC2
Check
* 「海外」一覧へ戻る
*    *    *

Information

Date:2011/10/29
Trackback:0
Comment:0

Comment

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする

Trackback


+