ヒカルの碁名所めぐり

□ スポンサー広告 □

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんな手が!(笑)と思ったらパチっと( ゜▽゜)ノ゜○● → web拍手 by FC2
Check
* 「スポンサー広告」一覧へ戻る
*    *    *

Information

□ 未分類 □

【朗報】井山名人十段戦制し七冠に…!(笑)

 現代のリアルトップ棋士、井山裕太棋聖・名人・本因坊・王座・天元・碁聖が4月20日、「第54期十段戦五番勝負」の第4局に勝って、七冠を達成しました。史上初の七大タイトル同時制覇の快挙です!
 十段戦の主催者でもある産経新聞には、ほったさんのコメントが掲載されましたので、ご紹介します。

↓以下、引用↓**********

「ヒカルの碁」原作者ほったゆみさん「フィクションを超えた偉業」 十段戦
産経新聞 4月20日(水)18時45分配信

囲碁ブームを巻き起こした大ヒット漫画「ヒカルの碁」の原作者、ほったゆみさんの話

 「『ヒカルの碁』でさえ、(登場人物の)トップ棋士、塔矢行洋は五冠です。井山さんの七冠は、フィクションを超えた偉業なのでしょう。伊田さんが棋士を志したきっかけは『ヒカルの碁』だと聞きます。この十段戦は2人を応援している私にとって特別なものでした。井山さんや伊田さんに(主人公の)ヒカルやアキラの未来を見る思いです」

↑以上、引用↑**********

 因みに、塔矢名人は引退時に五冠でしたが、初登場時は三冠、そして、この記事のタイトルでパロった電光掲示ニュースでは、「塔矢名人十段戦制し四冠に…」と報じられていました。電光掲示ニュースの場面は銀座4丁目交差点がモデルですので、併せてご覧ください。

■引用元記事 (別ウィンドウで開きます)
「ヒカルの碁」原作者ほったゆみさん「フィクションを超えた偉業」 十段戦(産経ニュース)

■関連情報 (別ウィンドウで開きます)
井山、史上初の七冠達成 十段戦(産経新聞)
<井山7冠達成>師匠の石井邦生九段「ずぬけた才能」(毎日新聞)
七冠達成の井山「ゴールではない」 世界戦へ決意新た(朝日新聞デジタル)
こんな手が!(笑)と思ったらパチっと( ゜▽゜)ノ゜○● → web拍手 by FC2
Check
* 「未分類」一覧へ戻る
*    *    *

Information

Date:2016/04/25
Trackback:0
Comment:0

Comment

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする

Trackback

TrackbackUrl:http://masakage1.blog58.fc2.com/tb.php/161-aad6cd5b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

+
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。